映像制作スタッフの役割とは?

映像制作スタッフとは業界では初心者レベルのポジションです。仕事内容には、他のスタッフにコーヒーを買ってくることからゲストを空港まで迎えに行くことまで、ありとあらゆるものが含まれます。制作スタッフは重要な機材を別な撮影舞台に、さらには町から町へと輸送するだけでなく、設置や解体作業まで頼まれる場合もあります。口頭で、郵便、電子メール、電話などを使って伝言を受けたり伝えたりする作業は制作スタッフによく任されることがあり、映像制作の現場がきちんと整理整頓された状態にしておく仕事もよくあります。日用品の注文、資料のコピー、映像のダビング作業、少額の現金の取り扱い、会議室の予約、などの管理業務も映像制作スタッフの日常業務であり、こういった業務を果たすことで監督、デザイナーなどがよりクリエイティブな仕事をするためのお手伝いをするのです。制作スタッフは何かを修理するよう頼まれることもよくあります。

主要な役割

監督や他のスタッフのサポート

監督や他のスタッフのサポート

映像制作スタッフの主要な役割としては監督、デザイナー、アシスタントなどの抱えるプレッシャーを取り除くことであり、こういった人々は既定の締め切りを守る責任があります。制作スタッフは、お茶やコーヒーを入れたり、食事を注文したり作ったり、撮影現場を掃除したり、他のスタッフの代理で伝言を受けたりするよう頼まれる場合があります。資料・器具 (ケーブル、脚本、照明などのアイテム) を揃える役割は制作スタッフが担うことが多いです。最初に現場に来て最後に現場を出ることはしょっちゅうです。製作スタッフは、他のスタッフが到着する前に、様々な面で制作準備作業を行わなければならず、毎日撮影が終わると現場の整理をする責任を負っています。

管理

管理

製作スタッフの毎日の勤務時間のかなりの部分は管理業務です。台本のコピー、ロケ地の予約、日用品の注文、などのありとあらゆる単純作業です。監督や他のスタッフに要求される高度な制作作業の邪魔になる作業が必要になった場合、制作スタッフが呼ばれる事があります。郵便、電子メール、電話などを利用し伝言を、折よく送受信する場合もあります。

補助的な役割

運転手

運転手

映像制作スタッフがよく呼ばれる例として、ゲスト、スタッフの送迎、ないし、現場ごとに必要になる制作用機材を運搬する場合があります。出演者や他のスタッフが色々な現場に移動して最高水準の映像コンテンツを作る必要が出る場合もあります。ですから信頼できる制作スタッフがハンドルを握って待機していると、関係者全員の時間と手間を省くことができるのです。ゲストが空港や他の施設に到着すると、制作スタッフがゲストのお世話係となり、必要に応じてホテル、レストラン、会議場、制作現場まで送迎するよう頼まれる場合もあります。

修理及びメンテナンス

修理及びメンテナンス

単純な修理であれば、映像制作スタッフが担当する場合もあります。紙詰まりを起こしたコピー機やパンクしたタイヤの修理、電球や他の重要なアイテムの交換作業など、いずれの場合であろうと、何かうまく動かなくなれば、映像制作舞台では制作スタッフが頼りにされる場合が多いのです。ITスキルを持つ製作スタッフはインターネット回線が正常につながる状態を維持する重要な役目があり、基本的な情報検索作業、書類作成や編集作業等を任される場合もあります。

映像制作スタッフ募集中!

90 Secondsは、これまで17,000件以上の映像制作案件をフリーのクリエイター様にご紹介してきました。

事業、業務拡大に伴い、さらなる映像制作案件をご紹介させていただく事が可能になり、現在お仕事を引き受けていただける映像制作スタッフを募集しています。

クリエイター登録詳細はこちら

その他のクリエイター