Pocket

前回「2018年年頭にチェックすべき 動画市場統計から読み取る動画マーケティングの10の真実」の記事での事例紹介のとおり、米EyeView社がTutorVista社のランディングページに動画を入れるように提案・実施したところ、コンバージョンが80%以上も向上したという結果が出ています。動画を活用したECは今や特別なものではなくっています。しかし動画制作の予算や制作時間等がかなりかかるのでは無いかという不安から、実際には動画をまだ導入していないサイトもあるのでは無いでしょうか。

その一方で、テキストや画像だけのWebサイトより、動画を含むサイトの方がユーザーを引き止める効果がある事を実はみなさんも既に実体験で認識しているのは無いでしょうか。そこで今回は、改めてなぜ動画を使うとコンバージョンが上がるのかを見ていきたいと思います。

  1. 動画はユーザーを注目させます
    人間の脳は、ものの動きや人の顔に注目してしまいます。動画には、この両方の要素が多く含まれています。特に人の笑顔は、ユーザーの注目を得やすくなります。その要素を意識的に入れながら、ユーザーが共感出来るストーリーや価値観と組み合わせれば、ユーザーはもっと商品を購入しやすくなります。
  2. 動画は直帰率を下げます
    ある調査によると、ビデオを見ているインターネットユーザーは、テキストだけのWebページよりも約2分長く滞在していると言われています。その滞在する時間が長くなればなるほど、コンバージョンはあがり、直帰率はさがります。
    実は、最近のニュースアプリなどは動画ニュースやコンテンツを増やしています。その理由は、動画の視聴によるユーザーの滞在時間を増やすことが目的の一つです。滞在時間を増やすことでユーザーのそのサイトやアプリへのロイヤリティを高める効果を狙っています。これと同じ事をECサイトで実施し、直帰率を下げユーザーのロイヤリティ上げることが狙えます。
  3. 動画は共有されやすい
    口コミは最も効率的かつ有効なマーケティング手法の一つです。SNSでの拡散は、インターネット上の口コミになります。実際に、短い動画があるつぶやきは、テキストや画像と比較してTwitter上で多くリツイートされています。そのリツイートされやすい動画を用意することで、意図的に拡散を増やすことができます。多くのユーザーにリーチすれば、コンバージョンにつなげることが出来ます。
  4. 情報量が多い
    動画の情報量はテキストに比べて膨大です。動画はテキストや画像だけでは伝わらなかった商品の使い方や活用法などを容易にユーザーに伝えることが出来ます。たとえば、商品を360度全方向から見せる「商品の外観」を詳しく説明したり、商品の信頼感を高めるための「原材料や製造工程の紹介」を動画で見せることが出来ます。テレビショッピングとまではいきませんが、同様の情報発信が出来るのが動画です。そして動画の良いところは、テレビショッピングの様にその時間にその番組を見ている人だけではなく、24時間365日貴社のサイトで商品紹介が出来るということです。
  5. ハウツー動画で売上アップ
    商品を使ったハウツー動画でユーザーが疑似体験出来ます。化粧品を使ったメイクの方法などを解説することで、商品の使い方のポイント、さらに美しく見せるためのコツなどを説明することができます。家電製品などでは、その使い方や機能的特徴を動画で紹介出来ます。食品であれば、レシピや調理手順を動画で紹介することで、ユーザーの知らない新しいニーズを発掘することも出来ます。

商品紹介事例

90Secondsが制作した商品紹介の事例をいくつかご紹介しましょう。

ヤマハ Venova


手軽に始められて、かつ本格的な演奏も楽しめる新しい管楽器、ヤマハ株式会社のVenovaです。実際の演者による演奏で、イメージをしっかり把握することが出来ます。
https://90seconds.jp/portfolio/casual-wind-instrument-venova/

コクヨ ビートルティップ


3種類の線が引けるカブトムシの角のようなペン先を持つ蛍光マーカー、ビートルティップのハウツー動画です。この面白い形のペン先をどの様に使ったら良いかが分かりすく紹介されています。
https://90seconds.jp/portfolio/kokuyo-13/

富士フイルム イヤーアルバム商品紹介動画「結婚式編」


結婚式というピンポイントのシーンで、イヤーアルバムの活用シーンを実写でわかりやすく商品を紹介しています。具体的なシーンを紹介することで実際のギフトシーンでの活用をイメージし易くなっています。
https://90seconds.jp/portfolio/fuji-film-8/

その他の90Seconds の動画実績はこちら

まとめ

人の脳の理解、把握能力は、文字よりも動画の方が6万倍早く処理することことができると言われています。動画を導入することでその効果を試してみませんか。

動画で使い勝手を体験しながら、テキストによる詳細なスペックや商品情報を同時に得ることは、商品を購入するオンラインショッピングのユーザーにとって非常に役立ちます。動画によるECがまだ成熟しきっていない今こそ、早い段階で動画を導入してPDCAをまわし、自社独自のノウハウを蓄積することが重要です。

Pocket