Pocket

次代のコンテンツマーケティングに必須といわれているもの、欠かせないもの、それは「動画」です。

「動画」といえば誰もが思い浮かべるのが「YouTube」ですが、今年になって大きな変革があり、これまでYouTubeの独壇場であった動画市場に変化が起こっています。

今回は、企業が動画マーケティングを始めるにあたり、現在のSNS大手2社の動画マーケティングの動きと、動画コンテンツを制作するにあたり押さえておきたい最新のトレンドや事例情報をご紹介します。

これまでYouTubeのみが独り勝ちしていた「動画」という分野に、大手SNSサービス企業が2つ:FacebookとTwitterが乗り込みました。

まず、Facebook。

SNS上でユーザーが視聴する1日の動画視聴回数は30億回に届く勢いです。30億回の動画コンテンツ視聴といってもピンときませんが、YouTubeの動画コンテンツ視聴回数に近づいている数字と聞くと、とてつもない感じがします…そんなFacebook、先日動画データ解析情報をリリースしました。Facebook創立者のMark Zuckerbergも、「Facebookのニュースフィードは動画コンテンツ向き」と言っていたことがあり、動画マーケティングにかなり積極的であることが伺えます。

Youtubeの巨大な市場

また、現在はCoca-Colaや Nikeといった大手の企業広告主のみ対象とも言えますが、ネイティブ動画広告プロモーションを次に取り入れました。

このプロモーションの広告費は制作費も含むととても高いので、現時点では手が出ないかもしれませんが、Facebookのもつ動画広告マーケティングに対するポテンシャル、効果を踏まえると、小規模な企業、事業主であっても、おいおい動画広告プロモーションをFacebookで展開できる未来は近いのではないかと考えられます。


次にTwitter。

今日、毎分2,000を超える動画コンテンツがTwitter上でユーザー共有されています。そんな時代のなか、3つの戦法をもって、YouTubeに対抗しました。

 

1.動画広告プロモーション(βver.)
企業が広告費を支払うことによって、フォロワーのタイムライン上にマーケティング動画広告を上げることができるようにしました。ペイパークリック形式で提供し、マーケティング動画広告をアップロード・配布し、動画解析ツールでその視聴効果等の情報を確認することがでるようになっています。
2.オリジナル動画プレイヤー
次の手では、 Twitterオリジナルの動画プレイヤーを用意しました。 各企業ブランドは、自分たちのマーケティング動画広告をTwitterへ直接上げることができ、YouTube や Vimeoといった他社動画コンテンツサービスを介することなく配信・閲覧できるようにしました。

<Twitter動画の主な仕様>
・他社企業の動画サービスの動画は受け付けない (YouTubeには痛恨の一撃…)
・動画コンテンツの尺は10分以内でなくてはならないが、情報サイズ、データサイズに制限はない:品質第一
・プロモーターはサムネイルを編集でき、より惹きつけるものにすることができる
・Twitter のノーマルユーザーは30秒までの動画を撮影編集できる

 

3.ネイティブ動画実装
そしてユーザーに、ツイッターのタイムライン上から動画を取り、他社サービスを介さずに彼らのウェブサイトに掲載できるようにしました。YouTubeのみならず、Facebookもこれにはまだ対応していません。
これらの2大SNS企業の動きを経て、動画広告マーケティングは波乱の時代を迎えています。また、YouTubeが今後どのように動くのか、注目したいところでもあります。
2018年にはコンテンツマーケティングの主流になるともいわれているオンライン動画ですが、SNS各社もこれを確信しているため開発に力がはいっています。とにもかくにも動画時代を勝ち抜くために、マーケティング動画は必須となる時代はすぐそこです。では、どのような動画コンテンツを用意すればよいのでしょうか?

こちらに4つの最近の動画トレンド事例をご紹介します。
【1】説明動画
その名の通り、伝えたい製品やサービスの説明をする動画コンテンツで、とても説得力があるためか、最新の動画マーケティングでも一番のトレンドと言っても過言ではないでしょう。20%のコンバージョン率UPをもたらし、SEO戦略にもつながる情報を集めることができます。


ものによっては、アニメーション動画で説明動画が制作されたりもしているので、ターゲットとなるユーザー視聴者とマーケティング対象に合わせて最適な作り方を検討してみてください。

【2】ミクロ動画
ミクロ動画はソーシャルメディアで成長中である動画種類で、簡単に素早く制作・編集、共有ができます(スマホがあれば作れちゃいます)。Vine ( Twitter社所有)や Instagram (Facebook社所有)というサービスを耳にしたことありませんか?ミクロ動画の最も有名なサービスの2つです。両社とも最近、動画広告のパフォーマンスを調べるための独自の解析ツール付の自社の動画広告プロモーションを開始しました。 また、Pinterestというサービスは、基本的には図・写真・インフォグラフを元にしたソーシャルネットワークですが、現在ミクロ動画のシェアと広告プロモーションに力を入れています。

【3】ウェビナー動画
いわゆる、オンライン動画コンテンツレクチャーです。新しいオンライントレンドをマーケッターの間で議論するのにとても素晴らしいマーケティングツールです。専門的な議論を行うためにも、受ける価値のある最新の動画コンテンツサービスであり、ソーシャルメディア戦略にとっても素晴らしい動画コンテンツです。

【4】スクリーンキャスト動画
スクリーンキャスト動画は企業向け動画で、新製品や新しいサービスを世の中に簡単に紹介するためのものです。ただし、説明動画コンテンツやミクロ動画コンテンツとは違い、ブランド構築にもそこまで向いていません。視聴者に伝えたい製品の機能をさっと見てもらうことが目的であり、費用をかけずに制作をして世間の反応をみるためのものとなります。

SNSの新しい企業向け広告サービスや動画コンテンツのトレンドを取り入れ、あなたのマーケティング動画コンテンツを作り上げましょう。なお、マーケティング動画コンテンツはいずれもかならず夢がかなう魔法ではありません。広告プロモーションを成功させるために、賢くソーシャルメディア/コンテントマーケティング戦略の計画を立てる必要があることは、忘れないでください。

作り上げたマーケティング動画コンテンツとSNSを活用して、上手く企業ビジネスに生かしていきましょう。

 

<出典元>
jeffbullas.com
http://www.jeffbullas.com/2015/04/16/is-facebook-winning-the-video-marketing-war/

Pocket