Pocket

「360度動画」をマーケティングに活用する企業が増えています。
「全天球動画」「パノラマ動画」とも呼ばれる360度動画は、視聴者が映像の角度を自由に動かして対象物の周囲360度を見渡せるのが特徴です。
YouTubeでも多数の360度動画が上がっているので、目にしたことのある人も多いのではないでしょうか。
今回は360度動画のメリットや活用事例についてご紹介します。

【目次】
1. 360度動画の基礎知識とメリット
2. Vimeoも360度動画に対応!
3. 迫力満点!気軽に見られる360度動画
4. マーケティングに活用しやすい360度動画の魅力

360度動画の基礎知識とメリット

360度動画は視聴者が思い通りに見たい方向を見られるため、実際にその場所に立っているような臨場感を味わいやすいのが特徴です。

●360度動画とは?
360度動画とは、ユーザーが自由に視点を動かし、上下左右好きな方向を見られる動画です。一度の再生では360度全てのアングルを見ることはなかなかできないため、繰り返し視聴されやすいといわれます。
YouTubeやFacebookなど大手Webサイトが視聴に対応したことから、マーケティングに活用されるケースも増えてきました。

360度動画は専用の機材があれば簡単に制作でき、アップロードも手軽です。通常の動画と同じようにWebサイトに埋め込むこともできます。ただし見る側には多少の条件があり、PCの場合はChrome、Firefoxなどのブラウザが、モバイル端末であれば動画共有サイトの公式アプリが必要となります。

PCではマウスを使ってどの方向を見るかを操作します。スマホでは画面をタッチしたり、スマホを傾けたりして操作できます。ヘッドマウントディスプレイが必要な本格的なVRコンテンツより手軽に楽しめる点も魅力です。

●360度動画のメリット
360度動画は視聴者の操作で動画の視点を動かすことができ、好きな角度で対象物を見ることができます。撮影した側の視点ではなく、視聴者の視点で動画を見られるので、動画の中に入り込むような没入感を味わえます。VRビューワーを使用すると頭の動きと視点が連動し、簡易的なVR(Virtual Reality)動画として使うこともできます。

●360度動画の活用例
360度動画は遊園地のアトラクションや音楽ライブなどのエンタメ系から、賃貸物件の紹介といったビジネス利用までさまざまな用途で活用されています。

・ジェットコースターなどの乗り物
アメリカの「Walt Disney World」は、園内のアトラクションや風景を撮影した360度動画をFacebookの公式アカウントに載せています。
コースターの座席から周囲を見渡したり、園内の道路でキャラクターと挨拶したりと、楽しさを疑似体験できます。動画の再生回数は820万回、「いいね!」は8万回に上ります。

・観光地のプロモーション
360度動画なら、簡単に行けないリゾート地や地域限定のイベントも疑似体験できます。スキューバダイビングで水中の魚と触れ合うシーンを見たり、ドローン撮影の動画で自分も飛んでいるような気分を味わったりできます。

・ライブやスポーツのイベント
音楽ライブの360度動画でも好きな方向を見られるので、ステージだけでなく周りのファンの様子などを見て、自分もライブに参加しているような気分に浸れます。
スポーツイベントも同様で、グラウンドだけでなく客席の雰囲気をリアルに感じられ、スタジアムにいる感覚を味わえるでしょう。

・不動産の内覧
不動産の内覧では、360度動画が非常に有用です。壁や天井などチェックしたい方向を自由に見られるので、写真やパンフレットよりずっと実物に近いイメージをつかめます。
360度動画なら、駅からの道をたどって周辺環境を見ることもできます。遠方からの引っ越しなど多くの物件を内覧できない顧客にも物件を見せたり、管理者がいなくて入れない物件でも内部を見ることができます。

Vimeoも360度動画に対応!

高品質な動画で知られる動画共有サイトの「Vimeo」も360度動画に対応しました。その特徴をご紹介します。

●Vimeoとは
Vimeoは2004年にアメリカで生まれた動画共有サイトです。クリエイターが作成した作品を共有する場をテーマとしており、高品質な動画が多いことで知られます。
実写動画の多いYouTubeに対し、VimeoはCG動画なども多数投稿されています。
Vimeoでも360度動画が投稿できるようになり、より創造的な360度動画の登場が期待されています。

●Vimeoの360度動画の特徴
Vimeoの動画投稿者には映像制作のプロフェッショナルも多く、YouTubeよりも高品質で芸術的な動画が共有されているといわれます。Vimeoでは投稿した動画をユーザーに販売できますが、YouTubeのように広告収入を得ることはできません。
VimeoもYouTubeも360度動画の解像度は最大8Kまで対応しています。Vimeoでは、データ通信量を抑えるためにあらかじめ動画をダウンロードしておき、オフライン再生することもできます。

迫力満点!気軽に見られる360度動画

実際にYouTubeやVimeoに投稿された360度動画を例に、360度動画の魅力をご紹介します。

●【公式】ドドドンパ360度動画-2017.7.15オープン-

山梨県の富士急ハイランドにあるジェットコースター「ドドドンパ」をプロモーションする360度動画です。ジェットコースターの座席から撮影しており、爆発的な発射から1.56秒で時速180キロメートルに達する世界最高レベルの加速を体感できます。
真横や真後ろまでじっくり見られるのも面白く、ドドドンパに一度乗ってみたいと思わせる内容です。

●Stunning 360° Paramotor Flight Above Iguazu Falls w/ Rafael Goberna

アルゼンチンとブラジルにまたがる世界最大級の滝「イグアスの滝」を、モーターパラグライダーに載せたカメラで上空から撮影した動画です。
足下に広がる森や滝を見たり、頭上の空を見上げたりと、スケールの大きな風景を鳥のような視点で堪能できる、臨場感たっぷりの動画です。

●Tokyo Light Odyssey

Vimeoに投稿されたアーティスティックな動画です。コンビニ、駅のホーム、ガソリンスタンド、東京タワー、カプセルホテル、灯台、星、道路標識、宇宙ステーション、ビルの窓など、夜の東京で見られる一つ一つの対象物が、宇宙空間を漂う星屑のように流れていきます。
Vimeoらしいハイクオリティな構成です。

マーケティングに活用しやすい360度動画の魅力

360度動画を視聴したり制作したりするハードルが下がっています。これからはレストランや駅構内の様子など、日常的な場所の紹介にも使われる機会が増えるでしょう。
360度動画をSNSと連動させたりインタラクティブな仕掛けを組み込んだりしながら、マーケティングでの活用シーンがさらに拡大することは確実です。

Pocket