Pocket

YouTubeなどで動画を見ていると、読み込みが遅かったり、動作が重くなったりすることがあります。これはパソコンで動画を見ているときにも、スマートフォンで見ているときにも起こります。処理が遅くなったり、動画がスムーズに見られなくなると不便な上、ストレスを感じてしまいます。では、どうすれば重くなった動画を改善して、快適に視聴できるのでしょうか?
今回は動画が重くなる原因と、重くなった動画の改善方法についてご紹介します。

動画が重くて止まる…その原因とは?

動画が重くてスムーズに見られない原因は主に3つあります。

●メモリが足りない(PC、スマホ)

メモリは処理を行うための作業スペースです。メモリが足りないとあらゆる動作が遅くなり、動画もスムーズに見られなくなります。メモリが小さかったり、他の処理と共有していれば、狭くて作業がはかどらず、処理が遅くなります。

●ブラウザのバージョンが古い(PC、スマホ)

YouTubeやFacebookなど、大手サイトの動画は多くがHTML5で実装されています。そのため、HTML5に対応した最新版のブラウザが必要です。Webブラウザが古いと、新しい形式の動画を見ることができません。
スマホの場合は、動画サイト専用アプリが古いことも原因として挙げられます。

●通信制限がかかっている(主にスマホ)

スマホの料金プランであらかじめ定められた上限を通信量が超えると、速度が落ち、動画が見づらくなります。そのため、動画を頻繁に見ていると、月の下旬には通信量が上限を超え、動画を見るのが非常に困難になります。
PCでも、スマホからのテザリングやモバイルルーターでネットに接続している人は同様の症状が発生します。

今すぐできる!動画が重いときの改善方法

動画の重さを解消するための改善策をお伝えします。まずは簡単な操作や設定変更など、すぐにできる方法から試してみましょう。

●再起動する(PC、スマホ)

いったん他のアプリを終了して再起動すると、終了していなかったアプリを終了させたり、メモリに溜まっていたキャッシュが解放され、スムーズに動くこともあります。

●他のアプリを終了する(PC、スマホ)

PCでは、他のアプリを終了してから元のブラウザに戻ると速くなることがあります。
一方、スマホについては、ホームキーを押すだけではアプリを終了できません。アプリ履歴などから確実にアプリを終了させましょう。

●ブラウザのキャッシュを消す(PC、スマホ)

ブラウザのキャッシュは、これまでブラウザで見たものの古いデータです。古いキャッシュが残っていると、新しいデータの読み込みを邪魔することがあります。そんなときはキャッシュをクリアしましょう。
削除するのは下記のようなデータです。削除方法はブラウザによって異なります。
・ダウンロード履歴
・クッキーなどのサイトデータ
・キャッシュされた画像とファイル

PCの場合は、ブラウザのキャッシュを削除します。
スマホの場合は、ブラウザだけでなく動画サイトの専用アプリのキャッシュも削除します。ただしキャッシュを削除すると、これまでログインしたサイトのデータや一度ダウンロードした動画なども削除されるので、もう一度ログインしたり、ダウンロードしたりする必要があります。

●ブラウザを最新のものに更新する(PC、スマホとも)

ブラウザをHTML5に対応した最新版に更新します。スマホの場合は、動画サイト専用アプリも最新版に更新しておきましょう。

●不要なアドオンを切る(PC、スマホとも)

広告をブロックするアドオンが流行していますが、このアドオンはブラウザの機能を一部制限して広告を消しているため、YouTubeのダウンロードがスムーズに進みません。動画を見るときにはアドオンを無効化しましょう。

●違うブラウザで試す、ブラウザをインストールし直す(PC、スマホとも)

いつも使用しているブラウザに何らかの不具合があったり、動画に対応していないことが原因ということもあります。違うブラウザで同じページを開いてみてください。ブラウザの不具合のときは、いったん削除してインストールし直すと、うまく作動することがあります。

●常駐するソフトウェアを無効にする(PC、スマホ)

いろいろなソフトウェアがバックグラウンドで動作して、全体の処理を重くしていることがあります。特に次のような処理を無効化または停止すると、処理が速くなることがあります。

PCの場合:ブラウザのGPUレンダリング支援、電源管理の最適化、キーボードの予測変換、バックグラウンド更新
スマホの場合:セキュリティソフト、操作後のアニメーションなどの視覚効果、キーボードの予測変換、バックグラウンド更新

端末を最適化して重さを解消する方法

設定変更でだめなら、アプリを追加したりメモリを増設したりする方法もあります。ただし、少し大掛かりです。

●キャッシュを削除するアプリをインストールする(PC、スマホ)

スマホには、自動的にキャッシュを削除するアプリがあります。このアプリをインストールすると、キャッシュから古いデータを削除して、他のアプリのバックグラウンド処理を停止し、自動的にスマホを最適化します。
Androidのスマホなら、CCleanerやスマートマネージャーというアプリがあります。WindowsのPCにはX-TUNEなどのアプリがあります。

●メモリを増設する(PCのみ)

メモリ容量を大きくすると、動画だけでなく、いろいろな処理が速くなります。ただし、メモリの費用がかかります。さらに、自分のPCに合うメモリを選んだり、増設する作業に自信のない人は、ショップに作業をお願いすることになります。

●使わないアプリをアンインストールする(PC、スマホ)

アプリによっては、インストールしただけで常駐し、周りのアプリに干渉するものもあります。機能を停止するだけでなく、アンインストールしてアプリをデスクトップやホーム画面からも消しましょう。

手近なところから1つずつ試すのが近道

ひと口に「動画が重くて見づらい」といっても、さまざまな原因があり、それに合わせた対策があります。実行しやすいものから、1つ1つ試してみてください。
これらの対策をしても効果が見られない場合、PCやスマホそのものが故障していたり、古くなったりしていることが考えられます。また、毎月通信制限が発生するようなら、回線契約を見直したほうが良いでしょう。

Pocket