Pocket

スマートフォンの爆発的な普及によって、誰もが簡単にYouTubeへ動画を投稿できるようになりました。YouTubeへの動画投稿を仕事にする「YouTuber」という職業も認知され始めています。
しかし、ただ動画を投稿し続ければ視聴回数が自然に増えて、動画広告収入を見込めるわけではありません。動画自体の工夫や改善はもちろん、視聴回数を増やすポイントやテクニックを正しく活用する必要があります。
今回はYouTube動画の視聴回数を増やすポイントの中から、すぐに実践できるものを3つご紹介します。

【目次】
1. ポイント1:関連動画で表示されるようにする
2. ポイント2:コメント・アノテーション・カード機能を活用する
3. ポイント3:再生リストを作成する
4. YouTube提供の便利機能を使い倒そう

ポイント1:関連動画で表示されるようにする

1つ目のポイントは「関連動画」で表示されるようにするテクニックです。1本の動画だけでなく関連動画を効果的に活用して2本、3本と視聴してもらいましょう。

関連動画とは、再生中の動画に関連した動画を表示するYouTubeの標準機能です。PCのブラウザでYouTubeを表示したときに、再生中の動画の右側に縦に複数の関連動画が表示されます。
YouTubeをよく見る人なら関連動画を次々クリックして見てしまったという経験がある人もいるでしょう。自分の動画の関連動画に、また別の自分の動画をたくさん表示させられれば、それだけで視聴回数増につながります。さらに、人気動画の関連動画に自分の動画を表示させられれば、人気動画の視聴者が自分の動画に流れてくることも期待できます。

では、どうすれば関連動画に表示させられるのでしょうか?

●自分の動画の関連動画に別の自分の動画を表示させるコツ

動画の「メタデータ」を正しく設定して最適化を図りましょう。メタデータとは動画に関する属性を定義することです。その定義をYouTubeでは検索や関連動画選択の情報として活用します。

メタデータを設定する箇所は「タイトル」「タグ」「説明文」の3つです。

・タイトル

その名の通り動画のタイトルです。例えば、ゲーム実況動画のタイトルの場合、「ゲーム実況 その1」というタイトルにすると、動画の内容がタイトルからあまり想像できません。
そうではなく、どのゲームの実況なのか、どのステージなのかなどを正しく設定する必要があります。そうすることでキーワードも自然とタイトルに設定され、同じゲーム実況動画に関連動画として表示される可能性が高まります。

・タグ

動画をYouTubeにアップする際、キーワードをタグという形で設定できます。タグはYouTubeの画面上に表示されないデータですが、画面以外の箇所を右クリックして「ページのソースを表示」をクリックすると確認できます。
タグは動画の検索時や関連動画の表示に重要な役割を果たすデータです。「再生中の動画と自分の動画は関連している」とYouTubeに認識されるようなタグの設定を行いましょう。

・説明文

説明文はタイトルよりも詳細に動画に関する内容を記述でき、検索一覧にも表示される重要なメタデータです。説明文に記載のあるキーワードも検索時や関連動画の表示に活用されますので、タイトルやタグと同じく「再生中の動画と関連している」とYouTubeに認識されるように設定することが大切です。

●人気動画の関連動画に自分の動画を表示させるコツ

人気動画の関連動画として自分の動画が表示されれば、視聴者が流れてきて視聴回数を増やせますし、動画や投稿者に興味を持ってもらえれば新規にチャンネル登録をしてくれるかもしれません。
方法は上記で説明したメタデータ最適化の対象を自分の動画から他人の人気動画に置き換えて行うことが基本です。
もう1つは、自分の動画の説明文の中に人気動画のリンクを貼る方法があります。これによってその人気動画に自分の動画が関連動画として表示される可能性が高まります。

ポイント2:コメント・アノテーション・カード機能を活用する

2つ目のポイントはコメント・アノテーション・カード機能を活用する方法です。YouTubeから提供されている機能をフル活用しましょう。

●コメント機能

アップロード時、動画ごとにコメントの「あり・なし」を設定することが可能です。特別な理由がなければコメントを設定することをおすすめします。コメント欄がユーザー同士のコメントで活発になる可能性がありますし、コメントには的確なアドバイスや批判が含まれていることがあります。
新たな動画のネタや改善案がコメントにはたくさん埋もれています。コメントが入りやすいようなタイトルをつけたり、次に説明する「アノテーション」を入れたりするのが大事です。

●アノテーション機能

動画内にテキストやリンクを設定する機能です。盛り上がるポイントでアノテーションのテキストを表示すると効果的です。また、アノテーションを多めに設定すると、音の聞こえない状況や耳の不自由な方でも視覚的情報で動画を楽しめます。
一般的には、動画が終わるタイミングでチャンネル登録を促すなどの活用方法が知られています。

●カード機能

アノテーション機能に将来的に置き換わる予定でリリースされたYouTubeの新機能がカード機能です。アノテーションの場合は、スマホでYouTubeを見るときに表示されないという問題がありましたが、カード機能ではスマホでも表示される点がポイントです。

カード機能には以下の6つの種類が用意されています。

チャンネルカード

視聴者に視聴を呼びかけたい、おすすめのチャンネルにリンクできます。

寄付カード

アメリカの非営利団体への寄付を募りたいアメリカ在住のクリエイターが設定することができます。

視聴者ファンディング

視聴者が投げ銭のように動画へ直接寄付をして動画に対する好意を示す機能です。

リンクカード

「関連ウェブサイトカード」「クラウドファンディングカード」「商品紹介カード」の3種類に分かれています。動画と関連ウェブサイトをリンクさせたり、クリエイティブなプロジェクトと視聴者をつないだり、ライセンスを持つ商品を動画の中で紹介できたりするカードです。

アンケートカード

アンケートを表示して答えてもらうことで視聴者と交流できます。

動画カードまたは再生リストカード

視聴者が関心を持ちそうな別の動画や再生リストにリンクできます。

ポイント3:再生リストを作成する

3つ目のポイントは再生リストを作成することです。再生リストをたくさん作って動画の視聴回数を稼ぎましょう。

●再生リストとは?

「○本の動画」という表示をYouTubeの検索一覧から見つけられると思います。それが再生リストです。
動画視聴後に別の動画が自動的に再生された経験はないでしょうか。それは再生リスト内の動画が自動再生されているのです。
誰でも再生リストを作成して共有できますので、自分のお気に入りの動画集を作ったり、友達と共有したりして楽しむことができます。

●再生リストのメリット

再生リスト内の動画は自動再生されるわけですから、視聴者が自分の動画を訪れた際、再生リスト内を自分の動画で満たしておけば、次々と自分の動画を見続けてくれる可能性が高まります。そうすれば自然と視聴回数は増えるでしょう。

再生リストには似たような動画が並んでいるので、視聴者にとってもテーマや内容が似た動画を検索する手間がはぶけて便利です。

再生リスト内の1本でも気に入ってもらえれば、チャンネル登録して継続的に視聴してくれる可能性も高まります。
再生リストの作成は、視聴回数を増やすための強力な武器になるといえるでしょう。

YouTube提供の便利機能を使い倒そう

今回ご紹介したのは、メタデータの設定やコメント・アノテーション・カードなどの各種機能、再生リストの設定といったYouTubeに動画をアップロードしたことのある人ならすぐ実践できる内容ばかりです。
せっかく動画をアップしたのに一向に視聴回数が増えないのでは、マーケティングとしては失敗です。
YouTubeの便利機能を正しく設定し、視聴回数のアップを目指しましょう。

Pocket