Pocket

本格的な動画の制作や編集の技術は、専門性が高くなかなか素人では真似できません。プロの編集技術を知識として持っていても、なかなか実践出来るものではありません。高度な技術を習得するには、専門の学校に行くなり一定数の動画編集を経験した上で、常に最新の情報を吸収する努力も必要になります。

だからといって制作はすべて担当者や業務委託先に任せきりでは、企画したコンテンツの仕上がり具合にも影響してきます。簡単な動画の編集の方法は、独学でもある程度は学べます。そこで今回は、動画編集で良く使われているテクニックを簡単に紹介し、実際にそれぞれの技術がどの様なものか、また実際の編集のチュートリアルを紹介している動画もご紹介します。クリエイティブな動画編集テクニックを見ながら、実際の企画に役立ててみませんか。

主な動画編集テクニック

ジャンプカット

ジャンプカットは、同じフレーム、同じ構図で、時間だけをスキップして、時間の経過をコントロールする技法です。動画撮影時には、開始の際の余白やトーク合間で無言になってしまっている空白時間、また、「あ~」や「え~」など聞きにくい音声が入ってしまうこともあります。またはカメラを回しながら取り直しをすることもあります。ジャンプカットはその様な箇所をカットしてつなぎ合わせる時に使います。映像の無駄な部分を省くことで、動きのある映像になります。実はほとんどのYouTuberが、このジャンプカットを使って実際の撮影時間より短い尺にして、視聴者を飽きさせない様にしています。

フェードインフェードアウト

フェードインフェードアウトは、よく聞く方法だと思います。フェードインはゆっくりと画面に映像を表示させ、フェードアウトはゆっくりと画面から映像を消していくエフェクトです。この手法は昔から良く使われているので、使いすぎると食傷ぎみになってしまうこともあります。

クロスカット

クロスカットとは、異なる場所で同時に起こっている2つの異なるシーンを切り取ったものを交互に見せることで緊張感をもたせた映像に仕上げる手法です。例えば、時限爆弾のタイマーの前で捕まっているヒロインとそれを助けに行く主人公のカットが入れ替わり映し出される映像がクロスカットです。映画などで良く見ることがありますよね。

JカットとLカット

JカットとLカットは、映像編集ソフトのタイムラインの形から名付けられています。Jカットは、カットのつなぎ目で次のカットやシーンで使用する音声や音楽などを、前のショットやシーンに前出しさせる手法です。これは映像編集ソフトでは、カットのつなぎ目の左側の形状が「J」となっていることからJカットと呼ばれています。
Lカットは、Jカットと同じ手法ですが、前のシーンが終わった後も、そのシーンで使われていた音楽または音を次のカットの映像にかぶせて使う手法です。こちらは、Jカットと同様に映像編集ソフトでカットのつなぎ目の形状が「L」となっていることからついた名称です。

実際に動画編集テクニック見てみる

上記でご紹介した様な動画編集テクニックは、テキストで説明しても分かり難いので、実際の動画で見てみましょう。

13のクリエイティブ映像・動画編集テクニック


世界に展開するメディアマーケットプレイスのPOND5が、紹介している「13 Creative Film and Video Editing Techniques」です。ここでは、13の編集テクニックを紹介しています。どんな編集手法があるか、一通り理解するには良いサンプルです。

Cuts & Transitions 101


これまで紹介された手法が実際の映画でどの様に使用されているかを見ることができます。編集技術の解説を有名な映画で見ることができます。この解説を省くと、活用されている映像テクニックを全く気にせずに、映像とストーリーに引き込まれてしまうほどです。プロの映像技術のクォリティの高さに感服します。

Premeiere Proを使ったJカットとLカットの編集の方法


How to Edit Video with the J-Cut and L-Cut in Premiere Pro (MUST KNOW)
これまでJカットとLカットの映像を見てきましたので、AdobeのPremiere Proで実際に編集するチュートリアル動画を見てみましょう。編集担当者では無いので、実際に作業をすることは無いと思いますが、動画を見てみることで、どの様な技術であるかを知ることが出来ます。

まとめ

今回は映像編集技術について見てきました。映像制作の現場では、ここにご紹介した以上に多くの技術が駆使されています。自分ではカメラ割りや編集をするわけではありませんが、この様なテクニックを知っておくことで、動画コンテンツの企画の幅が広がることでしょう。この様なテクニックを取り入れることで、映像はテキストよりも多くの情報を発信することが出来る様になります。より内容の濃いコンテンツを作成して自社の商品やサービスを動画でユーザーにアピールしてみてはいかがでしょう。

Pocket