Pocket

英会話を効率的に学べる動画をご紹介します。
英会話学校に通わなくても、いろいろなツールを使って簡単に英語を学べる時代になりました。その1つが英会話動画です。
YouTubeには英会話をテーマにした動画がたくさんあり、中には驚くほどクオリティの高いものが多数存在しています。
その一方で、「たくさん動画がありすぎて、どれを見ればいいかわからない」という人もいるでしょう。
そんな人は、ぜひこの記事をお読みください。しっかり勉強すれば英会話力をメキメキ向上させられる、とっておきの動画ばかりです。

教材は人気ドラマ!「海外ドラマで英会話【movinglish】」

「海外ドラマで英会話【movinglish】」は、海外ドラマのセリフで英会話を学ぶチャンネルです。アメドラ・ファンには打ってつけの勉強法では?(ただし静止画像です)

https://www.youtube.com/user/movinglish

題材になっているのは『フレンズ』や『ゴシップガール』など日本でも放送された人気ドラマで、教科書には出てこないようなリアルな英語表現がたくさん出てきます。

動画は30秒前後と短く、日本語訳のあと英語が繰り返し何度も流れるスタイルです。字幕もついていて、最初は字幕なし、次に字幕ありで表示されるので、音声を聞いたあとすぐに復唱する「シャドーイング」を行えば、リスニングとスピーキングの両方を鍛えることができます。

■ゴシップガールで英会話/「どっちみち色々とやることがあるし」を英語で言うと?

「どっちみち」「色々とやること」など教科書ではなかなかお目にかかれない言い回しを覚えられるのがドラマで英語を学ぶメリットです。

■フレンズで英会話/「残念だけどお断り」を英語で言うと?

若い世代がたくさん出てくるドラマなので、若者の日常会話や流行り言葉を聞くことができます。ただし、簡単そうに見えて、仮定法を使ったフレーズです。

帰国子女が教える英会話!「バイリンガール英会話 | Bilingirl Chika」

人気YouTuberの「バイリンガールちか」さんが教える英会話です。凝った演出もあって、見ているだけで楽しめます。

https://www.youtube.com/user/cyoshida1231

「バイリンガール英会話 | Bilingirl Chika」の吉田ちかさんは、アメリカ育ちの帰国子女です。もちろん英語はペラペラ、アメリカの事情も日本のこともわかっているので、日本人にわかりやすく英会話を教えてくれます。

コンテンツの内容は、アメリカのファストフード店での注文の仕方から大統領選挙などの時事ネタまで幅広く、ニュースだけではわからないニュアンスも教えてくれます。
初期の動画から回数を重ねるにつれて内容が充実し、現在では英語部分にはほぼすべて字幕がついているほか、演出も凝っているので、見ていて飽きないでしょう。

■アメリカに行く前に知っておきたいこと☆注文・トイレ・支払いなど!

初めてのアメリカ旅行で役立つフレーズと情報を教える内容です。
レストランで注文するときの言い方、チップについて、アレルギーがある場合の言い方、初心者には難易度の高いお店のトイレの借り方などがわかりやすく説明されていて、実用的です。

■トランプvsヒラリー!アメリカ大統領選挙のバトル英会話!

アメリカ大統領選挙の討論会で出てきた印象的なフレーズを取り上げて解説しています。トランプがヒラリーに言い放って話題になった「Such a nasty woman!」(なんて汚い女だ)も盛り込まれていて、日本人向けにニュアンスを説明しています。英語のフレーズだけでなく、ちかさんがヒラリー&トランプ風の扮装をしている点もユニークです。

ネイティブスピーカーの英語で学習!「JouZu English」

やはりネイティブの英語を聞きたいという人におすすめなのが「JouZu English」です。日本で英語講師をしているJoeさんが、講師経験を活かして日常表現を解説しています。

https://www.youtube.com/user/jouzuenglish

日本の初心者レベルがわかっているので、ゆっくりはっきりしゃべっていて、ネイティブ英語でも聞き取りやすい点が特徴です。もちろん、聞き取れなくても字幕があるので心配はいりません。

動画だけでわからない人には、日本語のブログで補完できますし、ステップアップしたい人には英語のブログが用意されています。さらにFacebookで質問もできるという至れり尽くせりのコンテンツです。

●日本語のブログ
http://ameblo.jp/jouzuenglish/

●英語のブログ
http://jouzuenglish.blogspot.jp/

■bowknot

「リボンをほどく」を英語で言えますか?初心者には難しいかもしれませんね。
ネイティブが英語で説明する動画ですが、字幕つきでゆっくりと話しているため、少し英語の知識のある人なら理解できるでしょう。語学留学へ行く前の準備としても良いかもしれません。

■newspaper

リサイクルに出すために「ひもで縛った新聞紙の束」を英語で何と言うのか?初心者には聞き慣れない単語を使って解説しています。さらにその単語を使ったイディオムも合わせて覚えられるので、語彙数を増やすのに役立ちます。

便利なフレーズや言い回しを学べる!「Hapa 英会話」

ロサンゼルスで生まれ育った日米ハーフの英会話講師Junさんのチャンネルです。日本語も英語もわかっているし、どちらの生活・文化もよく知っているので、日本人が間違えやすいポイントや微妙なニュアンスの違いがよくわかります。

https://www.youtube.com/user/hapaeikaiwa

■アメリカ人は「How are you?」にどう答えるか実験してみた
https://www.youtube.com/channel/UCsSuev_h2XixlD6FFGADI6w

アメリカ人に「How are you?」と話しかけるとどう返事するのかをアメリカで実験した動画です。日本で習うのは「I’m fine thank you. And you?」が多いと思いますが、実際は全然違う返事が返ってくるというリアルなシーンを見ることができます。

■ネイティブの「Tell」の使い方

「tell」にはいろいろな使い方があります。日本では「話す」と習いますが、ネイティブはもっといろいろな意味を持たせています。汎用性の高い「tell」や「get」などの単語を使いこなせるようになれば、ネイティブレベルに近づく第一歩です。

現役CAがイギリス英語をレクチャー!「CHIAKI」

日本人が主役の動画です。ネイティブやバイリンガルではなく、自分で英語を学んだ人なので、英語学習者にとって親和性が高いでしょう。

https://www.youtube.com/channel/UC1ToVxtUzre1zhpTVxsSh5Q

「CHIAKI」(ちあき)さんは、沖縄出身で、英語を学んで留学し、現在はイギリスに住みながら外資系航空会社の客室乗務員をしています。
職業柄イギリス英語に特化しているようですが、アメリカ英語とイギリス英語を比較した動画もあります。
また、英会話ではありませんが、自分が試して役に立った英語勉強法も紹介しています。

■[最新型イギリスのマクドナルド] 英国のマクドナルドが進んでる!!

イギリスのマクドナルドの紹介です。カウンターでも購入できますが、タッチパネルでオーダーできて、できたハンバーガーは席まで持ってきてくれます。
また、「ハンバーガー・フレンチフライ・ドリンク」が一緒になったものを日本では「セット」といいますが、イギリスでは「meal」(ミール)ということなど、役立つ情報も教えてくれます。

■短期間で英語がぺらぺらになる6つの英語勉強方法!(英会話編)

英会話の学習法です。英語のフレーズをそのまま学べる動画ではありませんが、CHIAKIさんが試して本当に短期間で上達した勉強法なので、参考になります。自分に合う方法があれば取り入れると良いでしょう。
視聴回数が51万回を超えるなどCHIAKIさんの動画の中では最も見られていることから、視聴者が知りたい内容であることがわかります。

英会話動画で、英語に触れる機会を増やすのが上達の秘訣!

英会話上達のコツは、毎日少しずつでも英語に触れることです。新しい単語を覚えたり、話す機会を作ったり、話しているのを聞いたりと、いろいろな学習法がありますが、どんな方法でも毎日英語に触れることが一番重要です。
英会話動画なら、テキストを開かずとも、スマホ1つで好きな時間に気楽に見ることができます。たくさんのチャンネルがあるので、好みのコンテンツを選ぶことも可能です。一度でわからなければ何度も繰り返して見ることができる点もメリットです。ぜひ自分好みのチャンネルを見つけてください。

Pocket