Pocket

新たな視聴者を引き寄せるだけでなく、過去に獲得した視聴者の注目も高めるための優れた方法はFacebook向けに動画を制作することです。Facebookユーザーに向けた動画は普通、Youtubeユーザーに直接見せる動画とは違った方法で制作する必要があります。しかし、動画の視聴をより手軽にするため、多くの人はYoutubeの動画を自身のFacebookフィードに埋め込むことを選びます。教育に関する動画や感動的な動画、そして物議を醸す動画などと同様に、ブランドがどのように発展してきたかを扱う「舞台裏」の動画は、Facebookで「いいね」や「シェア」や「コメント」を増やすのに良い選択肢です。Facebook向けの動画には忘れずに字幕を付けましょう。ユーザーがモバイル端末でブランド動画を視聴する場合、大抵はサウンド機能を利用できない場所にいるからです。

Facebook向け動画のガイドライン

Facebook向けに動画を制作する最大の動機は、視聴者を増やし、宣伝しようとしているものを多くの人に認知してもらうという目標を達成することでしょう。しかし満足いく結果を得るためには、Youtubeに投稿された競合動画に対抗し、Facebookという人気ソーシャルメディアに基づいた様々なガイドラインが必要になります。ブランドを直接宣伝した場合、ユーザーは動画の一部のわずか数秒程度しか受け入れないかもしれません。ソーシャルメディアのユーザーは、動画が過度に宣伝的になりそうだと感じるとその動画を避ける傾向があります。よって、ブランド動画は短くすべきです。動画の長さは60秒以内が良い目安ですが、21秒よりも短かくすれば、Facebookのユーザーが動画を最後まで見る確率が非常に高くなる傾向にあります。

舞台裏、教育、感動に関する話題が人気

ブランド立ち上げの背景にある基本的な目標との深い関係性をFacebook向けのブランド動画に持たせるべきです。ブランド立ち上げの本来の経緯をさらに理解するために、視聴者はよく「舞台裏」の動画をクリックします。ユーザーはまた、教育的コンテンツや感動的なコンテンツ、そして物議を醸す題材に対してさえも高い評価を与えます。Facebookでは、「いいね」や「共有」や「コメント」をクリックすることで簡単に他人と交流できるため、非常に注目を浴びるものや、友達や身内をタグ付けしようかとユーザーに考えさせるものは、再生数を増やすのに効果的です。

FacebookフィードにYoutube動画を埋め込む

埋め込みコードをただコピーして貼り付けるだけでYoutubeの動画をFacebookに追加することができ、視聴者はその動画をより手軽に見ることができます。しかし、Facebook向けのすべての動画には忘れずに字幕を追加してください。というのも、視聴者がモバイル端末からこうした動画を見るとき、サウンド機能を利用できない場所にいることが多いからです。Facebookは字幕を簡単に追加できるようにしています。広告管理セクションにあるサムネイルツールの下にある字幕ツールをクリックすれば、字幕は自動で追加されます。研究によると、ほとんどの視聴者は動画を再生してから5秒以内に他のページへ移動してしまいます。そのため、動画の最初の数ワードが視聴者の関心を最大に引きつけるものであるかどうかを確認する必要があります。

Pocket